自分に合った助産師求人を見つけましょう!

助産師求人を探そう



助産師の資格を持っていても、実際に働ける場所がなければ意味ないですよね。助産師へ就職したいと望んでいる人は、普段から助産師求人サイトの情報をチェックしている事かと思います。その求人情報は、各地の職業安定所や、求人情報誌等でも掲載されています。

ただ、助産師と言う限られた専門職の掲載自体は、あまり情報数が豊富ではないそうです。

“なかなか自分の希望条件に合った仕事先が見つからない” “助産師募集の案件が意外にも少ない…” などと言う感じで、一般的な助産師の求人情報だけだと、自分が納得出来る情報がなかなか見つけられないといった経験も多いのではないでしょうか。

そこで、おすすめの活用法として、医療専門を取り扱う民間の人材派遣・紹介センター、そして転職支援サイトが挙げられます。それらは看護師や、助産師ならではの情報が豊富にあり、一般的には非公開となっている求人情報も掲載されているので、自分の条件に見合った情報も見つかりやすいかと思います。
公益社団法人鹿児島県看護協会

また、転職支援サイトにおいても、看護師や助産師関連の情報がたくさん掲載されています。転職サイトの登録をする事で、一般には非公開情報となっている求人も閲覧する事が出来ますし、転職もスムーズに出来るようになるかと思います。

プロのエージェントも在中しているので、転職までのサービスの充実はもちろん、フォローもしてもらえます。こういった事から、一般公開の求人情報の中で、助産師と言う特殊な職業枠の情報を見つけだし、 さらには自分の希望条件に見合う情報を探す事は、やはり難しいかと思います。

ですから、専門を取り扱うこのようなサイトを活用する事で、求人情報の枠も広がり、よりスピーディーに、より効率よく探せる事になるでしょう。少しでも自分の条件を満たす求人情報を見つける為にも、医療機関関連の求人サイト、転職サイト等を是非利用してみて下さいね。

託児所ありの看護師の職場探し

小さなこどもの面倒を見ながら働くというのはなかなか難しいことです。 妊娠をし、出産をきっかけに職場を離れる方もいますが、看護師の資格を取得するのは簡単なことではないので、できることならば職場に復帰したいですよね。

子供が生まれた直後から仕事に復帰するのは難しいですが、1歳や2歳になれば保育所に預けることもできます。

ただ、今は保育所不足の問題が騒がれており、待機児童もたくさんいる状態です。 預けて働きたいと思っていたとしても預けられる保育所が見つからず、職場に復帰できないという方も多くいます。

そんな時は、託児所がある病院を探してみましょう。病院側は看護師不足を解消するために様々な取り組みを行っており、その一つが託児所の設置です。

もちろん、すべての病院に託児所が完備されているわけではないのですが、夜勤を行わなければならない病院であれば24時間体制で子供を預ける設備が整っているところもあります。

小さなこどもがいるとどうしても夜勤は難しいですよね。 ですが、病院に託児所が完備されていれば安心して預けてお仕事をすることができるでしょう。 できるだけ効率よく稼ぎたいと思った時に夜勤は是非ともやっておきたいものです。

では、どのようにして託児所が完備されている求人情報探せば良いのでしょうか。 少しずつ託児所を管理している病院は増えているのですが、必ずしも自宅近くにそういった職場があるとは限りません。

求人を探す際の条件として「託児所有り」ということを前提にするのであれば、ある程度は自宅から遠いところに働きに出ることも考えなければならないでしょう。近場で託児所ありのところが見つからないという方は、範囲を広げて職場探しをすると良いですね。

探し方としておすすめなのが、看護師専用の転職支援サイトを利用するということです。 転職支援サイトでは担当のコンサルタントがついてくれるのですが、その担当者に託児所ありの求人を探していると伝えるだけで条件に該当するところを探してくれます。

土日祝休みの看護師の職場探し

看護師といえば毎日忙しく働いている職業ではありますが、何とかして土日は休みにして欲しいと考えている方も多いのではないでしょうか。職場によって忙しさは全く違います。

平日はなかなか休みが取れないところもあれば、土日以外にも平日に休みが取れるというところもあるようです。かなり忙しい職場だと土日は絶対に休みが取れなかったりもするので注意しましょう。

病院の中には、できるだけ看護師の希望に沿うように休日を設定してくれるところもあるようです。ただ、働いているすべての看護師が土日祝日休みを希望してしまった場合、病院側も困ってしまいますよね。

どうしても土日祝日に働いてもらわなければならない人もいるため、このあたりは就職をした際の契約の仕方によっても休みの取りやすさが変わってくるでしょう。

初めから土日祝日は休みという形で採用してもらえたのであれば問題ないとは思いますが、それまで特に休み希望を出していなかったという方の場合、今から土日休みにして欲しいと伝えるのは少し気が引けてしまうかもしれません。

どうしても土日祝日に休みを取りたいと思っているものの、今の職場ではそれが難しいというケースもあるでしょう。そういった場合は、転職も視野に入れてみると良いですね。

特に、看護師の数が足りていない病院の場合、一人一人の休み希望をすべて通すのは難しいものがあります。

ですが、人手が十分に足りている病院であれば、個人の休み希望に合わせることも不可能ではないのです。今の病院で人手が足りていないという場合には、十分な人手が確保されている病院に転職をすることも検討してみましょう。

転職の際には、看護師専門の転職支援サイトを利用するのが便利です。前職支援サイトを利用すればコンサルタントの方が対応をしてくれるので、「土日祝日が休みの職場を探している」と伝えるだけで、条件に該当するところが見つかります。

あれこれ条件を付けすぎてしまうと該当する職場が見つけにくくなってしまうので、土日祝日の休みを希望する場合は、その他の条件は指定しすぎないように心がけましょう。

↑ PAGE TOP