助産師の幅広い業務内容とは?

助産師のお仕事

助産師のお仕事がどういったものかをご存知でしょうか?妊娠・出産経験のある人であれば、お分かりになりますよね。

助産師と言う職業は、女性の妊娠から出産、その後のケア等もサポートする手伝いをする重要な役目を担っています。一昔前は、“お産婆さん”と言われていましたよね。 この助産師のお仕事は、どういった内容のものなのか、今回はご紹介していきたいと思います。

まず初めに、助産師の職業に就くには、難関と言われる国家試験を受けて合格をしてから、資格を取得しなければなりません。女性の妊娠から産後のアフターケアまで、トータルを全面サポートするといった内容のお仕事になりますので受験を受けるにあたって、女性限定と言う条件がついてきます。

平成14年以前は、この資格は助産婦資格と言う言い方でしたが、それ以降は助産師資格と言う言い方に変更されました。資格をとってから、本格的に助産師として、医療機関でのお仕事が始まります。

助産師は、その名の通り、妊婦の出産時のフォローがメインとなりますが、先ほども言った通り、妊娠から産後のアフターケアまで、トータルでサポートする役割がありますので妊娠中の相談事や、お産に向けての準備等のお手伝いもします。

妊婦さんは、なにかと精神的にストレスを抱えがちで、妊娠中は情緒不安定になりがちなので悩み事を聞いたり、アドバイスをしたりと、妊婦さんの相談にのる事もよくあります。また、助産師自身の経験や知識を活かしながら、サポートをしていく事になります。

当然、妊婦さんのサポートだけではありません。出産後、特に初めてのお産を経験した母親のメンタルケアや、育児のススメ等のサポートも行います。要するに、妊婦さんに、無事元気な赤ちゃんを産んでもらう為に、母体の負担を軽減させる為に妊娠から出産の手伝いをしつつ、トータルサポートをするのです。

その他にも、家庭環境の問題や、育児をする上での不安や悩み事の相談・指導も同時に行います。また、不妊治療でのメンタルケアや、思春期ならではの性教育に関する相談、健康カウンセリング等の指導も可能です。

一言で助産師と言えど、ただお産時に赤ちゃんを取り上げたり、お手伝いをするだけの仕事と言う訳ではなく母親となる女性の精神的な支えにもなっており、なくてはならない存在と言えるでしょう。助産師であるからこそ、様々な経験と知識で、たくさんの女性をサポートし、活躍の場を広げる、素晴らしい職業です。

↑ PAGE TOP