助産師の年収が知りたい!

気になる助産師の年収

助産師は、国家資格を取得した者が就ける職業です。よって、国家資格を所有する看護師等が実際に病院で勤務する場合の年収は、世間一般的なサラリーマンなど、会社や企業で仕事している人と比較しても、当然多くもらえるのです。

ただ、病院のある地域やその病院の経営方針、経営規模等により、年収は異なります。助産師の場合だと、勤務地や勤務場所(施設)によって、年収の差があります。それでも、平均年収は530万円前後と、多い方ですよね。

看護師の平均年収と比較しても、大体100万前後の差があります。ちなみに看護師の平均は、400~450万円ぐらいです。ですから、助産師は、看護師よりも待遇が良く、報酬条件が上回っているのです。

しかし、助産師の仕事に就く為に受ける国家試験は、非常に高度な専門知識が必要となってきます。看護師免許を取った後、そこで初めて助産師になる為の受験資格を与えられます。結論からすると、助産師は、看護師の仕事も出来るので、都合や状況に合わせてお仕事出来るかと思います。

助産師は、看護師との双方の専門知識を精通している職業と言えるでしょう。給料は、同世代の普通の会社員たちと比較しても、確かに魅力を感じますが助産師の仕事には、やはり精神的にタフと言う強い心構えも必要不可欠です。

それだけシビアなお仕事なのです。生命の誕生に携わる仕事なので、いつ何があってもおかしくないといった危険とも隣り合わせになっています。母子共に、その命を預かっているのです。

その時々で、最も良いとされる答えを求められる事になるので責任感の重さを背負わなければなりません。それが出来なければ、この仕事に就く事は厳しいでしょう。でも、やはりなんといっても、生命誕生の瞬間に立ち会う事が出来るので、仕事にはやりがいを感じられる事でしょう。

ただ、出産が多く続くような時期だと、休みや休憩はまともにとる事が難しくなり、その分、拘束時間も増える事でしょう。そういった意味でも、割りに合った給料が貰えるのは当たり前、なのかもしれませんね。

↑ PAGE TOP